MUJIカードのデザインの歴史

MUJIカード デザイン

MUJIカードは、無印良品らしくカードのデザインも非常にシンプルなのが特徴です。今回は過去と現在のMUJIカードのデザインについてチェックしていきます。

 

シルバーを基調としたシンプルなデザインへ

MUJIカードのデザインはシルバーを基調としたシンプルなデザインとなっています。MUJIカードの当初のカードは、無印良品のコーポレートカラーである、赤を基調としたデザインだったのですが、2013年5月より、現在のデザインへと変わりました。

 

以前のMUJIカードのデザイン

以前のMUJIカードのデザイン(〜2013年4月)

 

新しいMUJIカードのデザイン

新しいMUJIカードのデザイン(2013年5月〜)

 

当初のカードでは、「MUJI」のロゴの下に「無印良品」と漢字での記載に加え、セゾンカードロゴとVISAロゴが配置されている部分の背景がシルバーとなっていました。現在のデザインは、アルファベットの「MUJI」のロゴをそのままに、漢字での「無印良品」の記載を廃止し、全体の背景をシルバーに統一して、よりクレジットカードらしく、また非常にシンプルなデザインとなりました。

 

国際ブランドをVISAとアメリカン・エキスプレスのみに

当初はVISAとアメリカン・エキスプレス以外にMasterCardとJCBがありましたが、現在、MUJIカードで選択できる国際ブランドは、「VISA」と「アメリカン・エキスプレス」の2ブランドとなりました。

選択できる国際ブランドは減りましたが、VISAは世界的にシェアが高いブランドとなっていますので、一番通用度が高いカードになります。また、アメリカン・エキスプレスは高品質な付帯サービスはそのままに、JCBの加盟店でも利用できる(一部利用できない店舗もあります)など、利用可能場所は今までのJCBカードとはさほど変わることはありません。MasterCardについても実質VISAと利用できるところはほぼ同じですので、MasterCardとJCBの国際ブランドが廃止されましたが、廃止後も今までの利用可能店舗は変わらず利用できます。

いかがでしたでしょうか。MUJIカードも時代とともにデザインを変更しているだけではなく、より便利に使えるようになっています。今後のサービスの向上にも期待したいです。

 

MUJIカードのお申込みはこちらから

関連記事

管理人プロフィール

プロフィール

ハンドルネーム:MUJIOTA

クレジットカードマニアというよりは、無印良品マニアの30代管理人です。20代の頃は自宅の家具・家電や文房具は全て無印良品で揃えていました。結婚もして最近は落ち着きましたが、それでも月に2〜3回は無印良品に足を運んで買い物をしています。当サイトでは、そんな管理人が徹底的に使い込んでいるMUJIカードについて様々な角度からお得に使えるTIPSを解説しています。

管理人のMUJIカード

当サイトの管理人が長年愛用しているMUJIカードです。改めて見ると、かなり年季(ねんき)入ってますね…。

MUJIカード

おすすめ記事

ページ上部へ戻る