MUJIカードの審査は甘い?それとも厳しい?

MUJIカード 審査

MUJIカードを検討中の方で、カードの審査が甘いのか厳しいのかを気にしている方が多いと思います。MUJIカードの審査は甘いのか厳しいのかを検証していきたいと思います。

 

MUJIカードの入会審査

MUJIカードはクレジットカードであるため、当然入会にあたり審査が行われます。予めクレジットカード会社が設定した一定以上の収入があるか、安定した雇用が確保されているかなど総合的に審査が行われます。しかしながら、クレジットカード会社やカードの種類などによって、審査の厳しさが異なるのが現状です。

MUJIカードは主婦や学生の方でも、発行できるカードとして案内がされています。特にMUJIカードのようにお店が独自に発行しているカードは「流通系クレジットカード」と呼ばれており、主婦や学生などの利用者が多いことから、他のクレジットカードに比べると審査が容易であると言われています。また、流通系クレジットカードは、殆どの場合、サブカードとして利用される方も多く、カード会社にはいる手数料等の収益源が少ないということもあり、審査を容易にした上、より多くの方に加入してもらうという戦略をとっているカード会社やお店が多いです。

ちなみに、審査が厳しいと言われているカードとしては、三井住友VISAカード、三菱UFJニコスカード、ダイナースカードなどの銀行系が発行している「銀行系クレジットカード」と言われています。銀行系クレジットカードは、安定した一定の収入があるか、継続した勤務年数があるかなどチェックされています。しかしながら、普通に会社勤めで一定の収入がある方であればそんなに神経質になる必要もないでしょう。また、銀行系でも学生カードなど学生に特化したカードを出している場合もありますので、流通系クレジットカードに比べると審査が厳しいとはいえ、一概に審査に通りにくいということはありません。

 

カード発行時の注意点

MUJIカードは審査が比較的容易ではありますが注意点もあります。まず、18歳未満や18歳以上でも高校生の場合、クレジットカードの発行が出来ません。また、学生(20歳未満)の場合は親権者の同意が必要で、カード会社より親権者へ同意の確認の連絡が行く場合がありますので、予め相談した上で申し込むようにしましょう。主婦の場合は、配偶者に一定の収入があることを前提としてカード発行されます。必ず申し込む際に、「配偶者収入あり」を選択して申し込みましょう。

その他、信用情報機関に登録されている場合、流通系クレジットカードにかぎらず、登録されてから5年間はクレジットカードの発行ができません。最近では携帯電話を分割で購入して、滞納する方が増えており、信用情報機関に登録されている件数も増えているのが現状です。毎月支払うべき料金の滞納せず支払うことは当然なことであり、滞納するおそれがある方には、どこのカード会社でもカード発行する際に懸念されるのは当然です。信用情報機関に登録されないように支払うのは当然ですが、自分が毎月どういった料金を支払っているのかしっかり整理した上で、カード発行する際も計画的に利用するなど自分自身の心がけが大切です。

 

MUJIカードのお申込みはこちらから

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る